PupPet

なまもの制作日記。

  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめめのはなし

こんにちは。
ちょっとだけ間が開いてしまいました。

実は先日のブラックタンなダックスくん。
目の作成ばかりに気が取られ、背中が出来ただけだったり。

なので、とりあえず今回は目のお話でも。

※眼球注意!

私の作る生き物たちの目は、基本的に自作か既製品に手を加えた物で出来ています。
理由はすぐには希望のサイズや色の調達が出来ないからという単純な事だったりしますが。

しかしこの目がちょっとした曲者で、未だに色々と試行錯誤中でして。


上から順番に
・未加工のプラスチックアイ
・既製のプラスチックアイ(クリア)を加工
・ホットボンドオンリー
・レジンアイ
・スワロフスキー半球の加工

この後に艶出しの為に手を加えたりしますが、大体こんな感じです。
大きな子を作る場合は2番目、単純な色の場合はレジン、大量生産の場合は半球といった感じで使い分けてたりなかったり。

そして現在一番手をかけているのはホットボンド。
とりあえず爬虫類な目を作成してみましが。

奥行きと透明感は良いのですが、対にするのがなかなか難しいこと。
精進あるのみですね。

…本音を言うとグラスアイを自作したいのですが、動く生き物が闊歩するお家では何があるか分からないので、なかなか実行は難しそうです。
とりあえずは、新しい素材なんかも色々試して、グラスアイに劣らない物が出来るように地味に模索中。

ただ、おめめばかり作ってても何も進まないので、おめめ作りは程々に、ちくちくを再開しようかと思います。


そんな、取り留めのないおめめのお話。

コメント:

はじめまして

こんにちは、はじめまして。
コメントをしていいのかどうしようか迷ったのですが、Puppetさんの作品が素晴らしくてつい書き込んでしまいました。
瞳って本当大事ですよね。それだけで雰囲気が全然変わってしまいますから・・・。
私も羊毛フェルトを使って猫なんかを作ったりしていますが、色々と思うことがあって検索をしていた所コチラに行き着きました。
沢山お話して色々教わりたい事もあるのですが、ひとまずご挨拶ということで。
また遊びに来てもいいですか?^^

コメントありがとうございます。

はじめまして。嬉しいコメントありがとうございます。
おめめは確かに難しいですね。作成は勿論、取り付けにも未だに四苦八苦しています。
もっと『生きてる』感じを出したいのですがなかなか…。

勝手ながらブログを拝見させて頂きました。
フェレットとポメちゃんのお顔の可愛らしさにキュンとしてしまいました。
特にフェレットは何度も挑戦しても違う動物になってしまうので、正直ちょっと羨ましいです(笑)

私自身まだまだ精進中なので、あまりお役に立てる事はないかも知れませんが、いくらでもお話しは歓迎ですので、また遊びに来て頂ければ幸いです。

ありがとうございます!

早速のレスありがとうございます!
実はとっても楽しみにしていました・・・(笑)。ブログにも来て頂いて感謝です!
puppetさんのねずみさん達のほうが素敵ですよ!私なんてまだまだです。

早々で質問・・・いいですか?
ファーを使用しているということですが、全身に使用しているのでしょうか?
土台を羊毛で作り、ファーはパターン化して縫いつけたりしているのですか?
私自信も羊毛のみでぬいぐるみを作ると、植毛だけだと「過剰なおさわり厳禁」になってしまうのがどうしても気になって・・・。
食い入った質問ですいません;お答えもしくは記事にしていただけると嬉しいです。

Irico様

こちらこそ再度のコメント&ご質問ありがとうございます!
そのねずみさん達も、実はフェレットを作ろうとした結果をだったりするのでなんとも…(笑)
もはや似てないのかも分からないので(二匹も本物がいるのに)、可愛い羊毛フェレットをみると創作意欲が掻き立てられます!

ご質問のファー使用方法ですが、ファーで作成する場合、土台は植毛する前の状態まで羊毛でガッチリ作成しています。
顔は細かく弄りたいので、額など広い部分以外は基本的に植毛で。
広い部分は何と言いますか…『土台に貼付け状態』で、普通に糸で土台に縫いつけております。
縫い目は糸を切らないように注意しながら、植毛で覆い隠してますが、ファーの種類によっては土台にファーを合わせて切れ目をチクチクするだけで絡んでくれる場合もあります。
体に関しては額と同じ貼付け状態で出来ていたり、普通にファーを縫い合わせてたりなのですが、パターンは特になく、オールフリーハンドです(笑)

…ざっと構造を説明するとこんな感じなのですが、説明下手なので解り辛いですよね;
今度時間がある時にでも、画像を合わせて記事にしてみますが、ニュアンスだけでも結構いけるので、一度お試しに作ってみた方がわかりやすいかと思います。
細かい部分で疑問がありましたら、解る範疇で良ければ全然お答えしますので、是非お試し下さい。
むしろまだまだ私自身も色々と思案中だったりするので、新たな手法を編み出して頂けると喜びます(笑)

また、作成方法とは関係ないのですが、もし羊毛オンリーでのいわゆる『へたる(フェルト可?)』状態が気になるようでしたら、ファーと羊毛を混ぜて植毛すると良いかも知れません。
私も全身で試した事はありませんので、確証はありませんが…ものは試しという事で(笑)

長々と書いてしまい申し訳ございませんが、少しでも参考になれば幸いです。

コメント:投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://8pet.blog.fc2.com/tb.php/4-6f84c3c9

 | ホーム | 

このブログについて

羊毛やフェイクファーで制作した生き物たちを紹介しております。

ランキング参加中です
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。